自分はどうしたいか自覚することが大切なことと病

昔は、医療機関に行っても先生の言うとおりにしていればよい、という風潮がありました。
しかし、最近は、自分の考え優先することが大切とされる時代になりました。
通院していても、何か違うと感じたら、積極的に話を聞くことが大切です。
よい治療方法があるのなら、試してみるのもよいです。
自分がどうしたいのか、自分で選択して行動することが必要です。
違う病院での治療となっても、診察をお願いできるか聞いてみることも必要です。
いろんな治療法がある場合、どうしたいのか医師から判断を迫られる場合もあります。
日頃から自分はどうしたいのか、自分の気持ちをしっかりと自分自覚できるようにしておくとよいかもしれません。
病気になったときにも、しっかりと自分で考え行動することができます。
自分で行動したことにより、病を乗り越えることができるかもしれません。
自分でどんな治療法があるのか調べて知識をみにつけることも大切です。
先生にまかせることなく自分で行動することも必要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

サンプルイメージ1

親の医療介護と人間関係の考え方

医療介護ということでは、介護する側もされる側も非常にストレスを感じます。
認知症も増えていると

サンプルイメージ2

高齢になることと病院に通うこと

今は元気でも、高齢になると体調を崩すことが多くなります。
体調を崩すと病院に行く機会が増えます

利用しやすい病院と高齢になったときのこと

ある程度年齢を重ねてから引越しをするのであれば、信頼のおける病院の近くに住むことをお勧めします。

Copyright© 医療 All Rights Reserved.